大学に進学して福祉を学ぶ

少子高齢化が進む日本では高齢者福祉に関する産業が今後ますます増えていくことが見込まれてます。
それにより介護の求人も増えていくため、福祉科などを新しく設立する大学も多くなりました。
介護関係の資格を持っていれば結婚や出産などで家庭に入ることになっても比較的に復帰しやすい職業ですし、現場では相手を気遣うことを念頭に置いていればブランクを感じることなく仕事に入りやすいので女性に人気のある学科です。
現在介護福祉の会社は慢性的な人手不足ですので、在学中に出来るだけ多くの資格を取得してしまえば条件の良い職場に就職することが可能です。
大学では専門学校より学習期間が長いので心理学や事務などについて幅広く福祉を学べるところが魅力です。